北海道旅行の気候と服装

北海道旅行をする際は、服装に気を付けて観光をしましょう。他の都道府県に比べると気温がぐっと低いです。 - 札幌市内を中心に旅行するなら

札幌市内を中心に旅行するなら

北海道最大の都市圏である札幌市は、もちろん旅行スポットとしても大きな人気を誇ります。様々な観光名所があるのはもちろん、特に雪まつりは毎年多くの人が訪れるビッグイベントとなっています。
また、あまり多くの日程を確保できないような人も、札幌市内を中心に旅行するケースも多いです。

服装はそこまで過剰に気にしなくてもいい

冬の札幌市内は、もちろん本州に比べれば平均気温は低いですが、そこまで極端な差があるわけではないので、服装に関しては過剰に気にする必要はありません。しかも、建物内は暖房の方がかなり効いているところが大半なので、あまり厚着をすると逆に暑苦しく感じるかもしれません。

ただ、降雪量の方は多いですから、ニット帽を被ったり耳あてをするなどして、雪への対策は行うようにいましょう。また、ズボンや靴など下の部分の方が寒さを感じやすいでしょうから、そちらを重点的に対策しておくのが望ましいです。

朝と夜の寒さには要注意

札幌市内であっても、やはり朝の時間帯はかなり冷え込むことになるので、もし朝早く外に出かけるのであれば、十分に厚着をした方がいいでしょう。同じように、夜の時間帯もかなり寒さを感じると思うので、遅くまで外にいる場合は注意が必要です。また、冬以外でも日中とそれ以外は寒暖の差が激しい傾向にあるので、体調管理もしっかり行いたいところです。

札幌市内のレンタカー事情

札幌市内は比較的に交通機関が充実していますが、それでも旅行の際には車があった方が便利でしょう。市内であってもレンタカー会社はかなり多くなっているので、計画の中に組み入れるのもいいでしょう。

ただ、慣れない雪の中で走るとなれば、ある程度慎重に運転をしなければならないので、なるべく遅い時間帯まで営業しているところを選ぶのがいいかもしれません。

関連する記事