北海道旅行の気候と服装

北海道旅行をする際は、服装に気を付けて観光をしましょう。他の都道府県に比べると気温がぐっと低いです。 - 北海道旅行の気候と服装

北海道旅行の気候と服装

北海道は旅行スポットとして非常に人気があり、特に雪まつりが行われる冬の時期はたくさんの人が訪れています。ただ、やはり他の都道府県と比べて気温が低いこともあり、気候であったり服装などは気になる要素となるでしょう。

まずは北海道の気候について知ろう

rege基本的に北海道は、一部の地域を除いては亜寒帯気候となっています。夏場でも30度を超えることはほとんどなく、一方で冬場は氷点下になる日もかなり多いです。年間平均気温も那覇は約23度なのに対し、札幌は約9度とかなり大きな差があります。

同じ北海道でも、函館や札幌に比べると、旭川は釧路はより気温が低い傾向にあります。夏でも朝の時間帯は肌寒く、冬は氷点下が当たり前なので、これらの地域に旅行へ行く際には、特に服装には注意をしなければなりません。

降水量と積雪量について

egregra北海道には梅雨がないため、年間降水量は少なくなってます。沖縄に比べると半分、東京と比べても3分の2程度となっています。最も降水量が多い8月や9月であっても、平均で280ミリほどとなっているので、こちらも東京の7割程度となっています。

一方で降雪量に関しては、年間で旭川が約750センチ、札幌が約600センチ、函館が約380センチ、釧路が約160センチとなっています。地域によってかなり大きな差があり、北陸地方よりも年間降雪量が少ないところも多いのです。ただ、それでも多いことに違いはないので、特にレンタカーを利用する場合には移動に十分な注意を払うようにしましょう。

どういった服装で行けばいいのか

yjtjdj北海道への旅行で着ていくべき服装ですが、まず冬に行く場合は言うまでもなく十分な厚着をするようにしましょう。特に靴に関しては、濡れてしまうと凍傷を引き起こす可能性があるので、厚めのブーツやスニーカーを履くのがいいでしょう。

他に、コートはショートではなくロングを着るようにして、マフラーや手袋などもしっかりと着用して、寒さに万全の対策を行うようにしましょう。

ただし、建物内はかなり暖房の方が効いていますし、都市部に限れば本州とそこまで寒さに大きな差があるわけではないので、訪れる場所によって服装を調整するのが望ましいです。もしいろんな地域を訪れるつもりなのであれば、それぞれに対応できる服を準備しておくといいでしょう。

夏に北海道へ行く場合

tjdjytd冬ではなく夏に北海道へ行くのであれば、札幌市内は30度を超える日もあることから、基本的には半袖で問題ありません。ただ、朝は少し肌寒く感じるかもしれないので、薄めの長袖を1枚か2枚持っていった方がいいかもしれません。

一方で、道東の方へ行く場合は夏でも25度以下になることが多いので、日中でも長袖を着る人は多いです。特に夜に関しては、夏でも暖房をつける家庭も少なくないので、寒さが苦手な人は厚めの服を準備しておくべきでしょう。

寒さや暑さの耐性によっても違ってくる

trhs北海道旅行には、冬に行くにしても夏に行くにしても、寒さや暑さの耐性によって適した服装は違ってくるのです。寒さに弱い人であれば、夏でも厚めの服を着た方がいいでしょうし、逆に強い人は冬でもそこまで厚着をしなくてもいいかもしれません。

とりあえず、初めて北海道へ行くのであれば、多少荷物が多くなったとしても、いろんな服を持っていくのが無難だと思われます。あるいは現地での購入も考えて、とにかく万全の状況で旅行を楽しむようにしましょう。

寒さや暑さの耐性によっても違ってくる

北海道レンタカー新千歳空港店 https://worldnet-rentacar.co.jp/
北海道旅行をするならレンタカーを借りよう!